会社印鑑とは

会社を設立する時にはいくつかの印鑑が必要になってきます。登記申請する際に実印などの各印鑑が必要になってきます。

会社の代表者が契約を結ぶ際に使う印鑑や、会社の預金の支払いや手形、小切手に押印する際に使われる会社印鑑など様々な種類がありますが、これら全てを会社印鑑といいます。

会社設立時に必要な印鑑はどれ?

実際会社設立時に必要な印鑑はどのようなものだろうか?会社設立時に必要な印鑑をまとめてみました。

  • 会社実印
  • 銀行印
  • 角印
  • ゴム印

このような印鑑があげられる。会社設立時には、会社の実印となる印鑑を印鑑届出書に押して法務局に提出しなければいけませんので、必ず会社実印となる印鑑が必要になってきます。

会社実印は鮮明に押す事のできる印鑑が必要となり、適さない印鑑は受け付けられませんので注意してください。大きさにも決まりがあり、辺の長さ1cm以上3㎝以内の正方形に収まるものに限ります。

銀行印は会社の銀行取引などを行う際に使われる印鑑になります。金融機関で口座開設する時に捺印する印鑑です。銀行印と通帳さえあれば誰でもお金を引き出す事ができるので取扱いには注意する事。

角印とは社印とも呼ばれており会社の認印のようなものです。契約書、領収書などの日常業務で発行される書類は角印が使われており使用頻度の高い印鑑になります。

ゴム印とは住所印や小切手印、氏名印など様々な用途に合わせて使う事のできる便利な印鑑です。上記3種類の印鑑は必ず必要なのに対してゴム印は必ず必要ではありませんが、持っていると非常に便利なものです。

このように会社設立時には様々な印鑑が必要となってきます。会社、印鑑の手続きなどもありますので出来る限り早めに準備しておくといいでしょう。

社会人として持っておくべき印鑑

社会人になれば何かと印鑑を押す機会が増えてくると思います。

社会人として一人暮らしを始めたり、高価な物を買ったりと最低限持っておきたい印鑑は3つです。

あまり印鑑に関心のない人は認印か実印しか持っていないと思います。

持っておきたい印鑑は

  • 認印
  • 銀行印
  • 実印

上記3つの印鑑を持っておきましょう。

印鑑を使い分けていない人が多いですが、個人でも使い分けることでリスクを分散させるという大きなメリットがあります。

認印と銀行印は使用頻度が高いため用意しておき、実印は大切な場面でのみ使用するようにするのがおすすめです。

おすすめのはんこ屋さんはこちら

私がいつも印鑑を作る時に使っているはんこ屋さんがこちら。

高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM
ネット通販でオリジナル印鑑実印をご提供致します。

年間12万件以上の注文がある人気のはんこ屋さんです。個人の印鑑も人気ですが、特に法人印鑑の人気が高いそうです。